2009年08月14日

お盆

 おはようございます。

 今日は、8月14日でお盆の中日です。お盆といえば、8月13日から15日(あるいは16日)ということになっています。

 お盆とお正月は、日本人が、こぞって郷里に帰って父母に挨拶し、また先祖の皆様に挨拶のためお墓参りをします。

 お盆をウィキペディアで調べてみますと、13日が迎え火、15日(又は16日)が送り火といって家の前に提灯を掲げたりします。送り火は京都の大文字みたいに有名な行事が残っています。

 先祖の霊を迎え、そして送るためのものと言うことを昔、聞いたことがありましたが、忘れていて今回この記事を書きながら、懐かしく思い出しました。

 灯篭流しも、先祖の霊を送るためのものであったと言うことを、思い起こさせてくれました。

 そして、盆踊りは、寺社の境内に老若男女が集まって踊りますが、これは地獄での受苦を免れた亡者たちが、喜んで踊る状態を模したのだそうです。これも、はじめて知りました。


また、次のようなウィキペディアの説明にも、人の心を感じ感銘を受けました。

 『地方によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれる、きゅうりやナスで作る動物を用意することがある。

 4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬、牛とする。

 きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いが、それぞれ込められている。』

 
 四季折々に、その季節にかなった行事がありますが、それぞれが色々な背景や歴史との係わりを持ち、それを知ることによって、私達の起源や先祖についても、考えるきっかけを与えてくれて、有難いものだと思いました。


 
posted by hiro at 10:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お盆にはそんな意味があったんですね!
勉強になりました^^
Posted by リッチガール at 2009年08月17日 15:49

 リッチガールさんへ

 読んでいただき有難うございました。
Posted by ヒロ at 2009年08月17日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
プロフィール
一言:息子2人、娘2人の父親。長男と長女は結婚し長女に孫娘誕生。次男と次女は大学生です。
鹿児島市出身、豊島区在住。
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。