2010年08月08日

天国の一情景


今朝、夢を見た。職場で様々なサークル活動を主催し、職場の皆から慕われているS.Y氏のアイデアのようであったが、ある企画で看板となる垂れ幕を、色々な人の協力の下に作っていた。個性豊かな人たちが集まって、ワイワイ楽しそうに騒いでいた。


 ある人は、看板の両脇の円筒形のようなものに、中国の山水画のような絵を書き入れていたし、またある人は看板の中央に文字を書き入れ、そして別な人達は飾りを取り付けていた。


 すぐ隣にS.Y氏の家と思われる素朴な家ながら、小さな2階建ての一軒家があり屋根の上にはベランダがあった。むき出しの階段のすぐ横に狭い部屋があり、そこに3人の子供達が母親と一緒にごろ寝している。決して裕福ではないが、でも何か微笑ましい雰囲気である。


 場面が変わり、広い居間で10人位が集まって、何かつまみながらの語らいの場。そこで職場の改革・改善の為に送られたK.Y氏が、熱弁を奮っている。それを見て言う私(S)。
「職場でK.Y氏を眺めて、この人はどこか違った情熱を秘めた人、静かだかとても熱いものを持った人と思っていたが、今日この場で、激しく熱弁を奮うK.Y氏を発見し、あ‥この人の中にこのような熱きものが燃えたぎっていたのだ」と。


 それを聞いたK.Y氏。「クールなSさん、今の発言であなたの別な面を発見した。是非もう一度、皆の前で大きな声で言ってください。」


 ふと夢から目が覚めて、「あ‥いい夢をみた。みなが自由闊達に自分の意見を述べあい、生き生きとしていた。これぞ天国の情景だ」と思った。
posted by hiro at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精誠条件


 私の所属している0教会では、8月9日までの摂理勝利の為に、毎日午後9時から礼拝堂に有志が集まり、教会長を中心に精誠祈祷会をしていた。


 先日も0教会に行った所、今日は特別にその上部教会であるI教会で祈祷会があるとのことで、I教会に赴いた所、有名なY教区長が摂理勝利の秘訣のみ言を語っておられた。


 み言が終わり分科会となり、各区域毎に具体的取り組みをする段階になった時、私は家の子供の病気のことが気になって、精誠祈祷会も無さそうだし殆んど女性だけの集会であったので、後は家内に任せて家に帰ることにした。


 家に向かいながら、公的なことより私的なことを優先したことに気付き、良くないと思って0教会に寄って、210拝の敬拝を捧げて帰ることにした。


 その夜、夢を見た。一昨日に悪い夢を見て気になっていたのだが、その夜の夢は、前の悪い夢を解決してくれる内容であった。


 敬拝を捧げたその夜の夢だったので、精誠条件というものは、すごい効果を表すものだと感動した。
posted by hiro at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
一言:息子2人、娘2人の父親。長男と長女は結婚し長女に孫娘誕生。次男と次女は大学生です。
鹿児島市出身、豊島区在住。
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。